銀座の社長のファッションブログ

タグ: Church’s FAIRFIELD

初めて入りました。
オープン当時はご存知、イケメンマッチョが入口前に
立ってお客様をお出迎えしていましたショップです。
ショップの中は独特な香水の匂いが充満しています。
そして、店内が暗いです・・・・・?
カメラマンの女性スタッフが入ってみましょうって
ことで入りました。スタッフの方はとても丁寧で
撮影も快く承諾してくれました。ありがとうございます。
実際はどうなんでしょう
やはり、LAマッチョ系(今は世界中で筋トレですね)の
人たち御用達のブランドなんですかね?
ここまで徹底したイメージコントロールをしている
ブランドは珍しいですよね。
その時の流行によってどのブランドもイメージ調整している
昨今にこのマッチョ系をズ〜〜っと維持していくのは
立派です。趣味のスタイルでは無いですが応援したくなります。
ズ〜〜とこのままでいてください!
私もいっちょう、やりますか〜〜〜
セットアップ:THOM BROWNE
シャツ:THOM BROWNE
タイ:ALEXANDER OLCH
靴:Church’s FAIRFIELD

GINZA SIX 屋上庭園です。
ゴチャゴチャしていなく、なかなか良い空間だと感じました。
このぐらい「あっさり」としているのが気持ち良いです。
昔はデパートの屋上と言えば、簡易遊園地だったんだけどね。
4年前までは松坂屋さんもそうでした。
6階のTSUTAYAさんからエレベーターに乗って13階です。
乗り換えのワンクッションがあることで庭園に行く
意味合いを少し考えることになります。
手間がかかることにより印象的になる感覚があります。
狭いエレベーターの空間から期待して屋上に上がると
一瞬肩透かしにあったように「あっさり」としています。
ですがその「あっさり」が開放感となって気持ちが良くなります。
緻密な計算のもとに設計をしているなと感心します。
ジャケット:ADAM KIMMEL
シャツ:visvim
タイ:THOM BROWNE
デニム:A.P.C Petit New Standard
靴:Church’s FAIRFIELD

Apple Storeに用事がありましてトコトコと・・・

その隣にありますFENDIのショーウインドーの前です。

このブランドのモノは1点も持っていませんね。

私の歳ですとどうも女性のブランドのイメージがついていまして

FENDIの男性モノのイメージが今一つピンとこないのが原因だと思います。

それとやっぱりFFのモノグラムバッグの印象です。

でもこのように銀座に旗艦店を出しているようで

最近のFENDIは何か攻めているように感じます。

値段もラグジュアリーなのでしょうね。

今日のシャツは初めて購入したブランドのモノです。

北イタリアの老舗シャツメーカーですが、私は初めてです。

大柄のチェックがとても新鮮で魅力的だし

このデザインならスタイリングに合わせることができると感じましたので

チョッと悩みましたが購入してみました。どうでしょうか

ジャケット:Brooks brothers Own Make

シャツ:GUY ROVER

タイ:THOM BROWNE

タイバー:THOM BROWNE

パンツ:S.E.H KELLY

ベルト:UA

靴:Church’s FAIRFIELD

服を愛するみなさんへ
https://fassionman.jp/

秋晴れ雰囲気バッチリ涼しいもう秋

10月に入って初めて「秋晴れ」だな〜と感じる日です。

やっぱり秋はこうでなくちゃいけません。

気持ちが良いとタイドアップも楽しくなりますね。

バーニーズ銀座のウインドーのBALENCIAGAのPコートも良さそうです。

Pコートは毎年迷いながら未だかつて購入に至っていません。

ブルゾンかロングコートばかりになってしまいます。

Pコートに関しては無骨なイメージとファッション性とどちらが良いのかなと

考えているうちに毎年が過ぎ去っていくような感じです。

今日の色の組み合わせは自分でも気に入っています。

今期のTAPIA  LOSANGELESに

洗いのかかったベルベットのセットアップがありました。

それも良さそうですね。

セットアップ:Engineered Garments

シャツ:Salvatore Piccolo

タイ:BAND OF OUTSIDERS

タイバー:THOM BROWNE

ベルト:UA

靴:Church’s FAIRFIELD

今年の秋冬は初めて弟さんのジャケットを購入してみました。

またご紹介します。