銀座の社長のファッションブログ

タグ: THOM BROWNE

11月30日
社員と共に毎年恒例の「酉の市」に行ってきました。
三の酉です。さ〜〜〜残り物には福がある。
年の暮れを感じる風物詩の一つですね。
今年を無事にそして来年はさらに飛躍できますように!
出かける時、急な電話が入りまして、
社員を会社の玄関で大分待たせていたこともあり
急いでステンカラーのコートを着て、いざしゅっパーッツ
日比谷線入谷ですので東銀座に向かいます
ちょうど電車がホームに入って来ました。
その時携帯が「ブルブル」ショートメールが届きました。
「髙橋さん、私のA.P.Cのコートを間違えて着て行ってませんか?
なのでバーバリーのコート借りますね!」
・・・・・・・・!
どうりで羽織る時にいつもよりキツイ感じがしたわけです。
「申し訳ない!!!」
でもご利益をいっぱい染み込ませて着ますので許してね。
笑い事で済ませて大丈夫でしょうか。
軽度の・・症でしょうか・・・・
ですので
コート:A.P.C
ジャケット:Brooks Brothers(Own Make)
シャツ:THOM BROWNE
パンツ:Brooks Brothers(Own Make)
タイ:U.A
靴:ALDEN
コートの内側のコーディネイトでした。

初めて入りました。
オープン当時はご存知、イケメンマッチョが入口前に
立ってお客様をお出迎えしていましたショップです。
ショップの中は独特な香水の匂いが充満しています。
そして、店内が暗いです・・・・・?
カメラマンの女性スタッフが入ってみましょうって
ことで入りました。スタッフの方はとても丁寧で
撮影も快く承諾してくれました。ありがとうございます。
実際はどうなんでしょう
やはり、LAマッチョ系(今は世界中で筋トレですね)の
人たち御用達のブランドなんですかね?
ここまで徹底したイメージコントロールをしている
ブランドは珍しいですよね。
その時の流行によってどのブランドもイメージ調整している
昨今にこのマッチョ系をズ〜〜っと維持していくのは
立派です。趣味のスタイルでは無いですが応援したくなります。
ズ〜〜とこのままでいてください!
私もいっちょう、やりますか〜〜〜
セットアップ:THOM BROWNE
シャツ:THOM BROWNE
タイ:ALEXANDER OLCH
靴:Church’s FAIRFIELD

街の雰囲気というものは撮り方によって
こんなにも雰囲気が出るもんなんですよね。だから写真って面白いし
撮る人のセンスも出てくるんでしょうね。
曇の日の朝なので自分としては光の加減がとても好きです。
一本裏に入った、バーやクラブが入っている雑居ビルです。
一本だけ持っていますチノパンもこの夏はだいぶ活躍してくれました。
写真で見る限り全体のコーディネイトの感じは良いですね。
スニーカーをブルーにしたのが意外に正解だったかも。
朝、実はシャツもドット柄にしようかずいぶん悩みまして
こちらのオックスフォードにしました。これも良かったようですね。
あまり、自分の写真は好きではないですが
この写真はどれもいい塩梅で、気に入っています。
ジャケット:Engineered Garments
シャツ:THOM BROWNE
タイ:UA
ベルト:German Military
パンツ:COMME des GARCONS SHIRT
スニーカー:PF-FLYERS

いや〜〜、ホント暑いっす!
湿度が高くて呼吸が困難な感じすらします。
うまく、酸素が入ってこない感じ・・・・
金魚が暑くて水槽の中で口をパクパクするあの感じです!
休日にGパンを履いていたらなんかクラクラしてしまいました。
軽い熱中症だったのかな?上はT-シャツ一枚だったのですが
足全体に熱がこもってしまったようです。こんなこと初めてです。
ですので、パンツをゆったりしたものにしがちになります。
ピッタとしているもにに比べると熱が逃げていってくれますので。
このジャケットもお気に入りなのですが
ついつい手に持ってしまいます。湿度だよね〜〜
巷でささやかれていますが
本当に東京オリンピックやるんですよね。この時期に・・・
やるとしてもズラした方が良いよね。
アメリカの放映権などの利権が絡んでいるんでしょうが、
選手のことを考えたら9月とか10月にズラした方が良いよね。
マラソンもそうだし、新国立も屋根無いし。
ジャケット:DRIES VAN NOTEN
シャツ:District UA
タイ:THOM BROWNE
パンツ:District UA
靴:GUCCI

GINZA SIX 屋上庭園です。
ゴチャゴチャしていなく、なかなか良い空間だと感じました。
このぐらい「あっさり」としているのが気持ち良いです。
昔はデパートの屋上と言えば、簡易遊園地だったんだけどね。
4年前までは松坂屋さんもそうでした。
6階のTSUTAYAさんからエレベーターに乗って13階です。
乗り換えのワンクッションがあることで庭園に行く
意味合いを少し考えることになります。
手間がかかることにより印象的になる感覚があります。
狭いエレベーターの空間から期待して屋上に上がると
一瞬肩透かしにあったように「あっさり」としています。
ですがその「あっさり」が開放感となって気持ちが良くなります。
緻密な計算のもとに設計をしているなと感心します。
ジャケット:ADAM KIMMEL
シャツ:visvim
タイ:THOM BROWNE
デニム:A.P.C Petit New Standard
靴:Church’s FAIRFIELD

歌舞伎座のすぐ脇にあります、大明神です。
新しくなってからはまだ一回も観に行っていません。
もともと先代の市川猿之助の歌舞伎は面白く感じていて
宙乗りなどサーカス的なエンターテイメント性があり
話の筋がよく分からなくても観ていて楽しめましたので
歌舞伎座や新橋演舞場などに通っていました。
それよりも私的には大明神が向かって右側にありますが
向かって左側にありました「歌舞伎そば」が移転したのが
とても残念で仕方がありませんでした。
なぜかというと旧歌舞伎そばの厨房はそこそこ広くて
その厨房で一連のそばを茹でて水で冷やす作業が
毎回とてもリズミカルでダイナミックな動きをしている
職人さんがいまして、その職人さんの時には
ただでさえ美味しいそばがさらに美味しく感じられ
その職人さんがいるであろう(シフト制だったと記憶しています)
時間帯によく行っていました。
私は歌舞伎そばで夏でも冬でも一年中「もりかき」そばを注文します。
いままでいったい何杯食べたでしょうね・・・
私のお昼の超定番食です。
場所が変わってしまい厨房がとても狭くなり、
あのダイナミックな職人さんもいなくなってしまい寂しいかぎりです。
でも、今も私のお昼の超定番食です。「もりかき」
ブルゾン:sacai
シャツ:THOM BROWNE
タイ:Engineered Garments
デニム:A.P.C NEW STANDARD
靴:REAGAL×VAN×UA

PECORA GINZAさんにお邪魔してきました。
一番下の写真は生地の見本帳です。
これだけの見本帳があるサルトはなかなか無いそうですよ。
生地生産者さんからPECORA佐藤さんの信頼度が伺えます。
でも、銀座というところは知れば知るほど奥が深いです。
東京はとにかく仕事、生活、暮らしのリズム・スピードが早いです。
時間の流れに押しつぶされそうになる時がありますね。
そんな時に老舗のお店が持っているゆったりとした時間の流れが
自分の存在を再度、自分自身で確認できる
貴重な体験場所となっています。
スピードの早い割合が9割だとすると1割でもいいので
ゆったりとした時間を持てれば、ゆとりが生まれてきます。
ですので喫茶店も好きな理由の一つです。
今のところは1割ぐらいでいいのかと・・・
元来怠け者でしょうからこれ以上余裕があるとグータラに
なってしまうと思いますので・・・ね
スーツ:MAISON KITSUNE
シャツ:COMME des GARCONS SHIRT
タイ:THOM BROWNE
靴:ALDEN

話題のG SIXです。人、人、人です。
ファッションブランドはさして気になりません。
ラグジュアリーブランドはほとんど入っていますので
G SIXへの期待の高さが伺えますね。
私には久しぶりに期待値の高い本屋が入ってくれました。
ん〜〜勢いがあります。蔦屋さん!
そしてフローズン・フルーツ・バー「PALETAS」
ココンチのディスプレイの斬新さには1本取られましたね。
商品への自信がヒシヒシと感じます。
でも、高過ぎじゃないかな〜〜値段・・・どうでしょう
半年後のG SIXに興味があります。
ジャケット:Moncler Gamme Bleu
シャツ:THOM BROWNE
タイ:UA
デニム:A.P.C petit standard
靴:Clarks

先輩・大和屋シャツ店、石川社長とのツーショットです。
赤い靴下、おそれいります!
私より体も一回りぐらい大きくガッチリしています。
ので、スーツが良くお似合いです。
私は2kgほど痩せてしまいまして
やはり少し体を鍛えた方が見栄えもいいかもですね。どうしよう・・
社員がお父様の誕生日にオーダーシャツを注文していまして
そのオーダーシャツができたとのことで久しぶりにお邪魔してきました。
もう一人のホープ社員とのツーショット、ネッ!皆んなデカイでしょ。
髪の毛も黒々としています。ま〜そこはそんなに羨ましくないけどね。
THOM BROWNEを着ると気持ちがシャッキとします。
シャツやジャケットがキツイ感覚にはすぐ慣れましたし
もともとパンツ丈は短い方が好きな事もあり
最初から私には全く違和感はありませんんでした。
1番驚いたのが裾のダブル幅でした。2.5インチで約6.3㎝
この6.3㎝のデザインセンスに一発でやられてしまいました。
70歳になっても普通にTHOM BROWNEを着ていると思います。
※体型がショボショボになってしまったら・・・その時考えます
スーツ:THOM BROWNE
シャツ:THOM BROWNE
タイ:Alexander McQueen
タイバー:THOM BROWNE
靴:BLACK FLEECE
※今週4月22日(土)21時からの
テレビ東京:「出没!アド街ック天国」に
大和屋シャツ店・石川社長と少しだけ登場することになりました。
:どんな風になっているかは二人とも知らされていませんが・・・
もし、よろしければご覧になって下さい。

Apple Storeに用事がありましてトコトコと・・・

その隣にありますFENDIのショーウインドーの前です。

このブランドのモノは1点も持っていませんね。

私の歳ですとどうも女性のブランドのイメージがついていまして

FENDIの男性モノのイメージが今一つピンとこないのが原因だと思います。

それとやっぱりFFのモノグラムバッグの印象です。

でもこのように銀座に旗艦店を出しているようで

最近のFENDIは何か攻めているように感じます。

値段もラグジュアリーなのでしょうね。

今日のシャツは初めて購入したブランドのモノです。

北イタリアの老舗シャツメーカーですが、私は初めてです。

大柄のチェックがとても新鮮で魅力的だし

このデザインならスタイリングに合わせることができると感じましたので

チョッと悩みましたが購入してみました。どうでしょうか

ジャケット:Brooks brothers Own Make

シャツ:GUY ROVER

タイ:THOM BROWNE

タイバー:THOM BROWNE

パンツ:S.E.H KELLY

ベルト:UA

靴:Church’s FAIRFIELD

服を愛するみなさんへ
https://fassionman.jp/